2012年07月27日

「副詞」で差をつける! イキイキ英会話のコツ(12)



このシリーズでは、
ナチュラルでいきいきとした英会話に必要不可欠な副詞をご紹介します。
ネイティブライクな表現を目指しましょう!


●副詞を使った返事の表現●

Hardly!
→「かろうじて!」


■解説1
もともとは「ほとんどない」という意味で用いられる副詞ですが、誰かにほめられたときに、「ほとんどそんなことありませんよ」「全然ですよ」という意味の謙遜の返事に用いることがあります。


■会話例1
A: Wow! You're so good! Are you a professional artist?
へえ、すごいね! 君ってプロの芸術家なの?

B: Me? Hardly!
  私? 全然!

■解説2
また、
Were you a happy couple?(2人は仲のいいカップルだったの?)
のような通常の疑問文への返事に Hardly! を用いた場合、「(相手が質問した内容は)ほとんど事実じゃない」=「全然!」という意味になります。
すなわち、この場合だと2人はいつもケンカばかりしている仲の悪いカップルということになります。

■会話例2
A: You don't think he was angry at me, do you?
彼、私に怒ってなかったわよね?

B: Hardly!
  全然!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック