2012年07月18日

「副詞」で差をつける! イキイキ英会話のコツ(8)



このシリーズでは、
ナチュラルでいきいきとした英会話に必要不可欠な副詞をご紹介します。
ネイティブライクな表現を目指しましょう!


●副詞を使った返事の表現●

Kind of
→「ある意味ね/なんとなくね」


■解説
kind はもともと「種類」を表す語で、副詞句の kind of は「ある種〜」「ある意味〜」「なんとなく〜」といった意味合いになります。
例えば、
Tom looks like my father.
は「トムは私の父に似ている」という意味ですが、ここに kind of を加えて、
Tom looks kind of like my father.
とすると「トムは、なんとなく私の父に似ている」という意味に変化します。
kind of を口癖のように頻繁に使うネイティブもおり、覚えておくと日常会話にとても役立ちます。

■会話例1
A: Is your English class difficult?
英語の授業は難しいの?

B: Kind of. The teacher gives us a lot of homework.
まあね。先生がたくさんの宿題を出すんだ。

■会話例2

A: Is this what you had in mind?
 お探しのものはこれですか。

B: Kind of. But I think I'd like to look around some more.
だいたいそんな感じです。でも、もうちょっと見て回ります。


 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック