2012年07月13日

「副詞」で差をつける! イキイキ英会話のコツ(6)



このシリーズでは、
ナチュラルでいきいきとした英会話に必要不可欠な副詞をご紹介します。
ネイティブライクな表現を目指しましょう!


●副詞を使った返事の表現●

Finally!
→「とうとうね! ついに来た!」


■解説
finally は「最後に、やっと」といった意味ですが、達成・実現の強い喜びを込めて使うときと、あまり感情のこもらない使い方をするときの両方の場合があります。
例えば、
By the time we finally got seated, the show had already started.
(やっと席に着いたときには、ショーはすでに始まっていた)
という文にはさほど強い感情は含まれていません。
しかし、下の例のように1語の返答として使うと、期待していた物事を達成・実現した喜びを強く含んだニュアンスになり、いきいきと会話を盛り上げることができます。

■会話例
A: The real estate agent called about someone wanting to look at the house.
不動産屋さんが家を見たい人がいるって、電話してきたよ。

B: Finally!
I was beginning to think we'd never sell it!

とうとう来たのね! もう永遠に売れないかと思ってた!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック