2012年07月11日

「副詞」で差をつける! イキイキ英会話のコツ(5)



このシリーズでは、
ナチュラルでいきいきとした英会話に必要不可欠な副詞をご紹介します。
ネイティブライクな表現を目指しましょう!

●副詞を使った返事の表現●

Honestly!
→「まったくもう! ホントにもう!」


■解説
honestly は通常「正直なところ、正直に言って」の意味で、
I honestly can't remember if I told him or not.
(彼に言ったかどうか、正直なところ覚えてないんだ)
のように使いますが、1語で返事として使う場合には「まったくもう!」「ホントにもう!」の意味になるので要注意です。
下記の例文のように、相手が話したネガティブな情報に、自分もネガティブな気持ちを抱きながら強く同調するときに使います。

■会話例
A: Tammy didn't get home until after midnight last night!
タミーったら、昨夜は午前様だったのよ!

B: Honestly!
I don't know what to do about that girl.
She knows the rules of this house.

まったくもう!
あの子をどうしたらいいかわからないよ。
この家のルールを知ってるはずなのに。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック