2012年06月29日

ビジネス英語でよく使う スポーツ由来の慣用句(42)



このシリーズでは、スポーツにまつわる慣用句をご紹介します。
競争の激しいビジネスの世界は、勝ち負けが重要なスポーツの世界にたとえられることが多いものです。
ビジネスの場でこういった表現を活用してみましょう!

●総集編4●

競馬に関する慣用句

get someone's goat
いらいらさせる、立腹させる
That Post reporter really got my goat.
あの『ポスト』の記者にむかついたのよ。

neck and neck
互角に、接戦で
Our top model and theirs are competing neck and neck.
わが社の最上級機種と彼らのが接戦を演じています。

in the homestretch
仕上げ段階で、最後の追い込みで
We're already in the homestretch
もう仕上げの段階に入っていますよ。

win hands down
楽勝する
Mark, your sales team won hands down!
マーク、あなたの営業チームの楽勝だったわね!

by a nose
少しの差で
Thank you, but I'd say I won by a nose.
ありがとう。でも、かろうじてって感じなの。

そのほかのスポーツに関する慣用句

the ball is in someone's court
決定権(義務など)は〜にある
Yes, the ball's in management's court now.
そうだな。今度は経営陣が結論を出す番だ。

clear the hurdle
障害を取り除く、関門を突破する
Yes, but we've already cleared that hurdle.
ええ、でも、その件は片づいたんですよ。

have the inside track
有利な立場にある
They have the inside track.
あそこは有利な立場にあるんですよ。

get one's feet wet
手始めにやってみる、新しいことを始める
No, just till you get your feet wet.
いいえ、手始めにってことよ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/277795492

この記事へのトラックバック