2012年06月25日

ビジネス英語でよく使う スポーツ由来の慣用句(40)



このシリーズでは、スポーツにまつわる慣用句をご紹介します。
競争の激しいビジネスの世界は、勝ち負けが重要なスポーツの世界にたとえられることが多いものです。
ビジネスの場でこういった表現を活用してみましょう!

●総集編2●

ボクシングに関する慣用句

beat someone to the punch
先手を打つ、機先を制する
While I was looking into another building, someone beat me to the punch.
私がほかのビルを見ている間に、誰かに先を越されてしまって。

pull one's punches
手心を加える
The union leader didn't pull his punches, did he?
労組の委員長は手加減しなかったんだって?

hit someone below the belt
卑怯なことをする、汚い手を使う
The management may hit us below the belt.
経営者側は卑怯な手を使ってくるかもしれないわ。

take it on the chin
大打撃を受ける
The president took it on the chin at the shareholders meeting.
株主総会で、社長はさんざんにやられてましたね。

have[get] someone on the ropes
(人を)窮地に陥れる
Ford Chemical has got General Chemical on the ropes.
フォード・ケミカル社がゼネラル・ケミカル社をついに追い詰めたね。

pinned[shoved] in the corner
絶対絶命で、追い詰められて
I've got pinned in the corner.
もう僕は絶対絶命だよ。

make a clean break
〜ときっぱり別れる、すっかり関係を絶つ
I made a clean break.
すっかり足を洗ったよ。

down for the count
活動停止で、疲れ果てて
People say our plant is down for the count.
私たちの工場はもうダメだってうわさですけど。

throw in the towel
敗北を認める、断念する
Ted threw in the towel yesterday.
テッドが昨日観念したよ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/276015941

この記事へのトラックバック