2012年06月16日

ビジネス英語でよく使う スポーツ由来の慣用句(38)



このシリーズでは、スポーツにまつわる慣用句をご紹介します。
競争の激しいビジネスの世界は、勝ち負けが重要なスポーツの世界にたとえられることが多いものです。
ビジネスの場でこういった表現を活用してみましょう!

●水泳にまつわる慣用句●

get one's feet wet
→「手始めにやってみる、新しいことを始める」


■解説
水泳から来た表現です。
泳げるようになるには、まず足から水に入って慣れなければなりません。
そこから、「何か新しいことを始める」という意味で使われます。

■会話例
A: We'll send you to work in Kansas City.
あなたにはカンザスシティーに仕事に行ってもらうわ。

B: Is this permanent?
ずっとですか。

A: No, just till you get your feet wet.
いいえ、手始めにってことよ。

B: OK. I'm hoping I can keep moving up.
わかりました。出世の階段を上っていきたいもので。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック