2012年06月04日

ビジネス英語でよく使う スポーツ由来の慣用句(31)



このシリーズでは、スポーツにまつわる慣用句をご紹介します。
競争の激しいビジネスの世界は、勝ち負けが重要なスポーツの世界にたとえられることが多いものです。
ビジネスの場でこういった表現を活用してみましょう!

●競馬にまつわる慣用句●

neck and neck
→「互角に、接戦で」


■解説
馬の首と首がぶつかり合うくらいの接戦ということです。
副詞としての用法が多いですが、形容詞としても使われます。
限定用法の形容詞で使う(あとに名詞が続く)場合は、neck-and-neck のようにハイフンでつなぎます。
ちなみに、dead heat という形容詞がありますが、英語では「同着のレース」の意味で、「大接戦」のことを指す日本語化した「デッドヒート」とは意味が異なるので注意しましょう

■会話例
A: Our top model and theirs are competing neck and neck.
わが社の最上級機種と彼らのが接戦を演じています。

B: Yes, it's exciting, isn't it?
うん、わくわくするね。

A: Have you seen this happen before?
こんなこと以前にもありましたか。

B: Many times, but it never gets old.
何回もね。でも、何度経験しても飽きないね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/272839563

この記事へのトラックバック