2012年06月01日

ビジネス英語でよく使う スポーツ由来の慣用句(30)



このシリーズでは、スポーツにまつわる慣用句をご紹介します。
競争の激しいビジネスの世界は、勝ち負けが重要なスポーツの世界にたとえられることが多いものです。
ビジネスの場でこういった表現を活用してみましょう!

●競馬にまつわる慣用句●

get someone's goat
→「いらいらさせる、立腹させる」


■解説
昔は、レースの前日にヤギを馬小屋に入れると、馬が落ち着いて翌日の勝負に勝てると言われていました。
ところが、ある日ライバルにヤギを盗まれ、馬がいらついて負けてしまったといいます。
そこから、「いらいらさせる」という意味で使われるようになりました。

■会話例
A: You seemed nervous at the press conference.
記者会見でいらいらしていたみたいだけど。

B: That Post reporter really got my goat.
あの『ポスト』の記者にむかついたのよ。

A: It's part of the job. You need to stay calm.
それも仕事の一部だろ。落ち着いていなきゃ。

B: I just wish I had all your experience.
あなたのような経験があるといいなって思うわ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック