2012年05月28日

ビジネス英語でよく使う スポーツ由来の慣用句(28)



このシリーズでは、スポーツにまつわる慣用句をご紹介します。
競争の激しいビジネスの世界は、勝ち負けが重要なスポーツの世界にたとえられることが多いものです。
ビジネスの場でこういった表現を活用してみましょう!

●ゴルフにまつわる慣用句●

one up on
→「〜より一段上である、役者が違う」


■解説
この表現は、ゴルフのストロークプレー(全ホールの合計スコアで勝敗を競う方式)ではなく、マッチプレー(ホールごとに勝敗を競う方式)で使われるものです。
「1ホール分リードしている」ということです。
ここから、ワンランク優れていることを言うようになりました。

■会話例
A: I think Matt is one up on everyone else.
マットはみんなよりワンランク上だと思うのよね。

B: Why do you say that?
どうして?

A: Well, he's from a top-class university.
だって、一流大学の出身でしょ。

B: The hell with that. A man should be measured by his performance.
それがなんだ。人は実績で判断すべきだね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック