2012年05月23日

ビジネス英語でよく使う スポーツ由来の慣用句(26)



このシリーズでは、スポーツにまつわる慣用句をご紹介します。
競争の激しいビジネスの世界は、勝ち負けが重要なスポーツの世界にたとえられることが多いものです。
ビジネスの場でこういった表現を活用してみましょう!

●ゴルフにまつわる慣用句●

par for the course

→「当然のこと、当たり前」


■解説
「パー」は、そのホールの規定の打数でプレーすることです。
つまり、「よくあること、当たり前」のことです。
そこから、広く使われるようになった表現です。

■会話例
A: You're working late tonight again?
今夜も残業かい?

B: It's par for the course. All new employees do this.
よくあることです。新人社員は誰でもやることですから。

A: You seem to know a lot about office work.
君は事務仕事のことをよく知っているようだね。

B: All my college jobs were in offices.
大学時代のバイトは、すべて事務の仕事だったんです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/270402142

この記事へのトラックバック