2012年05月21日

ビジネス英語でよく使う スポーツ由来の慣用句(25)



このシリーズでは、スポーツにまつわる慣用句をご紹介します。
競争の激しいビジネスの世界は、勝ち負けが重要なスポーツの世界にたとえられることが多いものです。
ビジネスの場でこういった表現を活用してみましょう!

●ゴルフにまつわる慣用句●

tee something up
→「準備する、約束を取り決める」


■解説
ゴルフでは、各ホールの第1打を打つ時に tee peg(ティー)というくぎ状の台にボールを載せます。
ここから、何かを準備する場合に使われます。

■会話例
A: Will you tee the meeting up with the president of TVC?
TVC社の社長との会議をセットしてくれないか。

B: Are we going to buy them up?
先方を買収するんですか。

A: I can't say that yet. I'll just meet with them for now.
それはまだ言えないよ。今は会うだけだよ。

B: All right. Right away, Mr. Cobalt.
わかりました。すぐにそういたします、コバルトさん。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/270379708

この記事へのトラックバック