2012年05月14日

ビジネス英語でよく使う スポーツ由来の慣用句(22)



このシリーズでは、スポーツにまつわる慣用句をご紹介します。
競争の激しいビジネスの世界は、勝ち負けが重要なスポーツの世界にたとえられることが多いものです。
ビジネスの場でこういった表現を活用してみましょう!

●アメリカンフットボールにまつわる慣用句●

fumble[drop] the ball
→「失敗する」


■解説
フットボールで、ボールをキャッチし損なって落としてしまうことです。
つまり、「失敗する」の意味です。

■会話例
A: Pat, you fumbled the ball speaking at the trade fair.
パット、トレードフェアのスピーチで失敗しちゃったわね。

B: I know I did. I was just so nervous.
そうなんだよ。すごくあがってしまって。

A: What did Mrs. Silver say about it?
シルバーさんは、そのことで何て?

B: She said it was no big deal. Nobody noticed my mistakes.
大したことないって。誰もミスに気が付かなかったって。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック