2012年04月23日

ビジネス英語でよく使う スポーツ由来の慣用句(16)



このシリーズでは、スポーツにまつわる慣用句をご紹介します。
競争の激しいビジネスの世界は、勝ち負けが重要なスポーツの世界にたとえられることが多いものです。
ビジネスの場でこういった表現を活用してみましょう!

●ボクシングに由来する慣用句●

pinned[shoved] in the corner
→「絶対絶命で、追い詰められて」


■解説
前回の have someone on the ropes とは逆に、自分が不利な状況に追い込まれたことを表した表現です。
動詞に get を使い、受け身的に表現します。

■会話例
A: I've got pinned in the corner.
もう僕は絶対絶命だよ。

B: What happened? What did Mr. White say?
何があったの? ホワイトさんは何て?

A: He says I may be transferred unless I pump up sales.
売り上げを伸ばさなければ飛ばされるって。

B: That will be tough. You work such long hours already.
それは厳しいわね。それでなくてもこんなに長時間働いているっていうのにね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック