2012年04月13日

ビジネス英語でよく使う スポーツ由来の慣用句(12)



このシリーズでは、スポーツにまつわる慣用句をご紹介します。
競争の激しいビジネスの世界は、勝ち負けが重要なスポーツの世界にたとえられることが多いものです。
ビジネスの場でこういった表現を活用してみましょう!

●ボクシングに由来する慣用句●

pull one's punches
→「手心を加える」


■解説
pull は「引く」という意味なので、「パンチを途中で引く」→「パンチに手心を加える」というのがもともとの意味です。
発言や行動に「手心を加える」という意味になります。
one's のない pull punches もよく使います。
pull no punches と言うと、「手加減をしない」という逆の意味になります。

■会話例
A: The union leader didn't pull his punches, did he?
労組の委員長は手加減しなかったんだって?

B: No. He even demanded a pay hike in additon to rehiring the laid-off employees.
ええ。リストラされた社員の再雇用に加えて、賃金の引き上げまで要求してきたんですよ。

A: That's impossible in this recession.
この不景気では無理だよ。

B: Well, you may have to talk with him, Mr. Wilson.
あの、ウィルソンさん、彼と話していただかなければならないかもしれません。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック