2012年03月02日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(42)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●感情表現・リアクションのスラング●

mega-
→「すごく、超」


■解説
日本でも、「メガマック」「メガ牛丼」などの表現を見るようになってきましたが、英語の mega- も「量が多いこと」を強調するために使われます。
mega 単体ではなく、mega-big などのように、形容詞と組み合わせて使います。

■会話例
A: Henry must be rich. He drives a big car.
ヘンリーはお金持ちだと思う。すごく大きな車を運転してるもの。

B: How big is it?
どのくらい大きいんだい?

A: It's mega-big.
すっごく大きいんだから。

B: I think he just likes big cars.
単にでかい車が好きっていうだけじゃないの。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック