2012年02月27日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(40)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●感情表現・リアクションのスラング●

dead
→「すごく、ひどく」


■解説
日本語でも「死ぬほど疲れた」と言いますが、英語でも dead を後に続く形容詞の意味を強める副詞として使います。

■会話例
A: Let's go to a movie.
映画に行きましょうよ。

B: No, not tonight.
今夜はだめだ。

A: Come on! We never go anywhere.
行こう! 私たち、どこにも出かけてないじゃない。

B: I've been working all day. I'm dead tired.
一日中働きづめだったから、死ぬほど疲れてるんだ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/253692077

この記事へのトラックバック