2012年02月10日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(33)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●思わず笑ってしまうスラング●

antifreeze
→「お酒」


■解説
antifreeze は自動車の「不凍液」のことだが、「お酒」という意味のスラングとして使うことがあります。
寒いときに「身体が凍らないように飲むもの」ということです。
ちなみに、antifreezed は「酔っ払った」という意味のスラングです。

■会話例
A: Can you believe how cold it is?
信じられないぐらい寒いね。

B: I know. I'm freezing.
ええ。寒くて凍えそう。

A: Let's get some antifreeze.
「不凍液」でも飲みに行くとしようか。

B: I know a bar near here.
この近くに知ってるバーがあるの。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック