2011年12月07日

センスが光る! ひと味違う! 知的スラングを使いこなす(8)



このシリーズでは、ユーモアやエスプリを感じる知的なスラングをご紹介します。
品の良いスラングを使って、普段の会話やビジネスの場で、ワンランク上のコミュニケーションを目指しましょう!

●婉曲表現としてのスラング●

threads
→「服」


■解説
threads は「糸」ですが、スラングでは「服」の意味で使うことがあります。
服が糸からできていることに由来するようです。


■会話例
A: I need to go shopping.
買い物に行かなきゃ。

B: What do you want to get?
何を買いたいの?

A: Some new threads.
ちょっと新しい服をね。

B: You already have tons of clothes.
服なら、もう山ほど持っているじゃない。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック