2011年10月03日

ネイティブがよく使うのに日本人は意外と知らない英語(37)



当Podcastをお聞きの方へ登録し直しのお願い

このシリーズでは、日本人があまり知らないひねりの効いたおもしろい英語表現をご紹介します。
変化に富んだ表現を覚えて、生き生きとした英語を目指しましょう♪


●テレビCMに由来する表現●

Impossible is nothing.
→「不可能なことなんて何もない」
[Adidas(アディダス)]より



■解説
アディダスのCMで大変有名なフレーズです。普段の会話でも使ってみてもおもしろいですよ。
本当は Nothing is impossible. という形が文法的に正しいですが、強調するために、倒置して Impossible is nothing. の形になっています。

■会話例
A: I'm worried about the race tomorrow.
明日のレースが心配なんだ。

B: Impossible is nothing.
不可能なことなんて何もないわ。



posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人は意外と知らない英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック