2011年08月31日

ネイティブがよく使うのに日本人は意外と知らない英語(23)



当Podcastをお聞きの方へ登録し直しのお願い

このシリーズでは、日本人があまり知らないひねりの効いたおもしろい英語表現をご紹介します。
変化に富んだ表現を覚えて、生き生きとした英語を目指しましょう♪


●身体に関する表現●

I'd give my right arm
→(…だったら)どんなにいいだろう

■解説
I would give my right arm (for.../to do)は仮定法で、「(…のためなら)大事な右腕を差し出しても構わない」、つまり、「(…だったら)どんなにいいだろう」ということになります。

■会話例
A: Have you seen the new Nintendo console?
新しく出た任天堂のゲーム機、見た?

B: Yeah, I'd give my right arm to have one.
うん。あれを手に入れるためだったら、何だってするよ。

posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人は意外と知らない英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック