2011年07月18日

ネイティブがよく使うのに日本人は意外と知らない英語(7)



このシリーズでは、日本人があまり知らないひねりの効いたおもしろい英語表現をご紹介します。
変化に富んだ表現を覚えて、生き生きとした英語を目指しましょう♪


●動物に関する表現●

birds of a feather
→同類の集まり・人々

■解説
いわゆる「同じ穴のムジナ」のことです。同じような行動パターンの人たちを言います。a feather の a は「同じ」の意味です。

■会話例
A: Sarah and Jane go everywhere togather, don't they? And look! They're wearing the same skirt!
サラとジェーンって、どこに行くのも一緒じゃない? 見てよ! スカートまで同じよ。

B: Yup, those two are definitely birds of a feather.
うん。あの二人は、全く同類だからね。



posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人は意外と知らない英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック