2011年06月08日

ジャンル別・英語リスニングの勘どころ(17)



このシリーズでは、文の流れを作る重要なキーフレーズをチェックしながら、ネイティブがリスニングで注意しているポイントをジャンルごとにご紹介します。
キーポイントをおさえて、内容を把握する力を伸ばしましょう!

今週のトピックは、「留守番電話の応答メッセージ」です。

■今日のキーフレーズ■

to reach A, please dial B.「Aヘのご連絡は、B(電話番号)までお願いいたします。」
To reach... の後には、多くの場合続けて電話番号が示されています。

Please have...available.「…をご用意ください。」
Please have your ID number available.(ID番号をあらかじめご用意ください)のように使います。

■リスニングで注意するポイント■

●電話番号は?
●時間は?
●日付は?

では、聴いてみましょう♪
─────────────────────
However, we do offer a 24-hour number to help you with basic computer problems. To reach a service consultant any time of the day, please dial 555-2233.

しかしながら、コンピューターに関する基本的なトラブルのご相談には、24時間電話で対応しております。サービス相談員へのご相談は、24時間いつでも555‐2233にてお受けいたします。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック