2011年05月30日

ジャンル別・英語リスニングの勘どころ(13)




このシリーズでは、文の流れを作る重要なキーフレーズをチェックしながら、ネイティブがリスニングで注意しているポイントをジャンルごとにご紹介します。
キーポイントをおさえて、内容を把握する力を伸ばしましょう!


今週のトピックは、「空港のアナウンス」です。

■今日のキーフレーズ■

passengers on A Flight B bound for C「A航空B便C行きに搭乗予定のお客様」
これが聞き取れないと、空港ではかなり困ってしまうはずです。決まり文句として必ず覚えておきましょう。

has been changed from A to B「AからBに変更になった」
「搭乗口の変更」のほか、「出発時刻」や「搭乗受付時刻」などの変更に対しても使います。

■リスニングで注意するポイント■

●航空会社はどこか?
●フライト番号は?
●搭乗口番号は?
●時刻は何時か?

では、聴いてみましょう♪
─────────────────────
Good afternoon, passengers on Scandinavian Airlines Flight 20 bound for Berlin. Your boarding gate has been changed from 37A to 21B.
こんにちは、スカンジナビア航空20便ベルリン行きに搭乗予定のお客様にご案内いたします。搭乗口が37Aから21Bに変更となりました。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック