2011年05月25日

ジャンル別・英語リスニングの勘どころ(11)



このシリーズでは、文の流れを作る重要なキーフレーズをチェックしながら、ネイティブがリスニングで注意しているポイントをジャンルごとにご紹介します。
キーポイントをおさえて、内容を把握する力を伸ばしましょう!


今週のトピックは、「スピーチ」です。

■今日のキーフレーズ■

we need to...「…しなければならない。」
話し手と聞き手を「ひっくるめて」we を用いています。聞き手との一体感を出すためによく使うパターンです。

■リスニングで注意するポイント■

●スピーチ独特の凝った言い回しに注意。

では、聴いてみましょう♪
─────────────────────
But our past success doesn't guarantee a bright future. To continue to grow, we need to work harder than ever before. By working hard, you will not only help the company, you'll help to build your own career in a company that really cares about you. We didn't hire you for a few years. We hired you, hopefully, for forty or more years.

しかし、過去の成功は、明るい未来を保証してはくれません。成長し続けるために、これまで以上に一生懸命働かなければなりません。一生懸命働くことで、あなた方は会社を助けることができますし、ご自身のキャリアを社員を大切にする会社で積んでいくことができます。当社はあなた方に数年間だけ働いてもらうのではなく、できることなら40年、あるいはそれ以上働いてもらいたいのです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック