2011年05月23日

ジャンル別・英語リスニングの勘どころ(10)



このシリーズでは、文の流れを作る重要なキーフレーズをチェックしながら、ネイティブがリスニングで注意しているポイントをジャンルごとにご紹介します。
キーポイントをおさえて、内容を把握する力を伸ばしましょう!


今週のトピックは、「スピーチ」です。

■今日のキーフレーズ■

today「今日」
here today(今日という日にここで)などの形で、スピーチに「ライブ感」を出すためによく使います。

It's an honor to... 「…できて光栄です。」
It's an honor to be here.(お招きいただき光栄です)のように、冒頭に使います。
It's good to see you...I'm delighted... を用いることも多いです。

■リスニングで注意するポイント■

●スピーチ独特の凝った言い回しに注意。

では、聴いてみましょう♪
─────────────────────
It's good to see all of you here today. As you know very well, our hiring process is very rigorous. We do that not because we're mean, but because we want to make sure that we have only the very best people working for us. Our sales have increased steadily for 20 years now. We've been able to do this because of employees like you who are skilled and motivated.

今日はここで皆さんにお会いできてうれしいです。皆さんもよくご存じの通り、当社の採用過程は大変厳しいものです。これは別にわれわれが皆さんに意地悪をしているわけではなく、最高の人たちだけに当社で働いてもらいたいからなのです。当社の売り上げは20年間、着実に伸び続けています。これは、技術とやる気を持ったあなた方のような従業員たちのおかげです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック