2011年05月04日

ジャンル別・英語リスニングの勘どころ(2)



このシリーズでは、文の流れを作る重要なキーフレーズをチェックしながら、ネイティブがリスニングで注意しているポイントをジャンルごとにご紹介します。
キーポイントをおさえて、内容を把握する力を伸ばしましょう!


今週のトピックは、「天気予報」です。

■今日のキーフレーズ■

Now, let's look at...「続いて…です」
別の地域や曜日の天気の話に移るときに使う決まり文句です。何の話題に移るのか、聞き逃さないようにしましょう。

mostly「大体、ほぼ」
天気予報で非常によく使われる副詞です。ほかにoccasionally 「ときどき」、partly 「ところにより」などがあります。
Mostly cloudy.(曇りがち)、Rainy, later occasionally cloudy.(雨のち、ときどき曇り)や、Partly rainy in the morning.(午前中はところにより雨)などのように用います。

■リスニングで注意するポイント■

●どこの天気か?
●どんな天気か?
●最高/最低気温は?

では、聴いてみましょう♪
─────────────────────
Now, let's look at Monday. In the evening, the weather will start to get windy and cloudy again, but we shouldn't have any problem with rain. Temperatures will mostly be around 28, falling to a low of 23 for the rest of the day.

次に、月曜日の天気を見てみましょう。夜になると再び風が強くなり、雲も出てきますが、雨の心配はないでしょう。気温は大体28度ぐらいに落ち着きますが、そのほかの時間では23度まで下がることがあるでしょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック