2011年01月31日

間違いやすい 英語表現の落とし穴 (6)



このシリーズでは、ネイティブとの会話において誤解が生じやすい表現と、その改善法をご紹介します。
正しく伝わる英語を学んで、スマートな会話を目指しましょう♪


外は明るくなっている


( すれ違いの会話 )

A. We've been working for 20 hours straight.
もう20時間もぶっ続けで働いてるね。

B. I know. It's getting bright outside.
そうね。もう外は明るくなってきてるわ。

A. It's not getting bright. It's getting light.
輝いているんじゃなくて、光が差してきているんだよ。

B. Huh?
え?


( すれ違いの理由 )

bright と light は混同しやすいですが、bright は、まず、The moon is bright tonight. (今夜は月が明るい)のように、「(発光体が)輝く」という意味で使われます。
さらに、「明るすぎる」という意味でも用いられます。
この会話でネイティブのAさんが
It's not getting bright.It's getting light.
と言ったのは、昇り始めたばかりの太陽に bright を用いたのが不自然だったためです。
I can't see because of the bright light.(光がまぶしくて見えない)のように、
「まぶしい」「明るすぎる」という場合に用います。


( 適切な表現 )

A. We've been working for 20 hours straight.
もう20時間もぶっ続けで働いてるね。

B. I know. It's getting light outside.
そうね。もう外は明るくなってきてるわ。

A. I think we'll be finished in about another hour.
あと1時間ぐらいで終わると思うよ。

B. Good, I'm really tired.
よかった、もうヘトヘト。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 間違いやすい 英語表現の落とし穴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182748984

この記事へのトラックバック