2010年11月03日

古くさい英語からイマドキの英語へ 改造講座!!(14)



シリーズ「古くさい英語からイマドキの英語へ改造講座!!」
受験英語で身につけてしまった期限切れの表現をリフレッシュしましょう!


but for

【 解説 】
仮定法で使われるbut for(〜がなかったら)は、会話ではまず使われることはありません。
書き言葉でも、最近ではほとんど目にすることはないようです。「〜がなかったら」は、
If it was not for.../If it had not been for...のように節を使って表すか、
下の会話例のようにwithoutを使って表すのが自然です。


【 対話例 】
A: I heard George helped you out a lot.
  ジョージがずいぶん君のことを手伝ってくれたんだってね。
B: Yeah. I couldn`t have done it without his help.
ええ。彼の助けがなかったら、できなかったでしょうね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166166050

この記事へのトラックバック