2010年10月20日

古くさい英語からイマドキの英語へ 改造講座!!(8)



シリーズ「古くさい英語からイマドキの英語へ改造講座!!」
受験英語で身につけてしまった期限切れの表現をリフレッシュしましょう!


仮定法のbe動詞

【 解説 】
仮定法の場合、人称単数形のbe動詞は were を用いるのが基本ですが、
特に若年層のネイティブは were の代わりに was を用いることが多いです。
wereを使うと書き言葉調になってしまい、
結果として古くさいという印象を相手に与えることがあります。


【 対話例 】
A: Do you think I should give him a call?
彼に電話をしないほうがいいと思う?

B: I don`t think I whould, if I was you.
僕だったら、しないと思うな。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック