2010年10月11日

古くさい英語からイマドキの英語へ 改造講座!!(4)

古くさい英語からイマドキの英語へ 改造講座!!(4)



シリーズ「古くさい英語からイマドキの英語へ改造講座!!」
受験英語で身につけてしまった期限切れの文法・構文をリフレッシュしましょう!

neither A nor B

【 解説 】
「AもBもない」という意味を表すときにneither A nor Bを使う日本人が多いですが、これは文語であり、会話で使うのはかなりおかしいです。
普通の会話では、この代わりに not A or B を使います。
なお、not A and B としてまうと、「AとBを同時に〜はない」という意味になってしまうので、注意しましょう。

【 対話例 】
A: How would you like yor coffee?
コーヒーはいかがいたしますか。

B: Black.I don`t need milk or sugar.
ブラックで。ミルクも砂糖もいりません。

A: Certainly.
かしこまりました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック