2010年10月04日

古くさい英語からイマドキの英語へ 改造講座!!(1)

古くさい英語からイマドキの英語へ 改造講座!!(1)



本日より、シリーズ「古くさい英語からイマドキの英語へ改造講座!!」が始まります。
受験英語で身につけてしまった期限切れの表現をリフレッシュしましょう!


How+形容詞/副詞+S+V!/
What(a/an)+形容詞+名詞+S+V!



【 解説 】
文法的には「感嘆文」と言われる構文です。
日本人は「律儀」に How beautiful it is! / What a beautiful flower it is!
のように、主語を省略しない形を多用する傾向がありますが、これは古くさいです。
会話例のように、主語を省いて、シンプルに <How+形容詞/副詞!>
あるいは <What+冠詞+形容詞+名詞!>の形にするのがイマドキの英語です。
ただし、How right you are! だけは別。「おっしゃる通り」という意味ですが、
この場合は慣用的に主語を省略しない形が一般的に用いられ、How right!はほとんど言いません。

【 対話例 】
A: I bought some flowers for you.
花を買ってきたよ。

B: How lovely!
すてきね!

A: I`m glad you like them.
気に入ってもらってうれしいよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック