2010年06月28日

上品な英語と下品な英語(13)



このシリーズでは、日常表現の「上品・普通・下品」の3通りの言い方をご紹介。それぞれの表現から「場の雰囲気」を感じとれるようになって、「空気の読める」英語を身につけましょう!


<愚かな、間抜けな>

普通: stupid



■会話例■
A: Why do you like him? He's so stupid.
なんで彼のことなんかが好きなの? すごく間抜けなやつだよ。

B: I know, but he has a nice personality.
わかってるけど、とても性格がいいのよ。


■解説■
stupid はストレートな言い方ではあるものの、それほど強烈ではない表現であるため、一般的に用いられます。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 上品な英語と下品な英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
iTunes で ポッドキャストの配信を受けています.

6月23日を最後にポッドキャストの更新がなされていないのですが, 何か仕様の変更等ありましたか?
Posted by mod at 2010年06月28日 19:15
>mod様

いつもありがとうございます。

6/25、6/28分の音声ファイルのアップロードにミスがあり、
通常よりもiTunesへの配信が遅れてしまったようです。
申し訳ございませんでした。

現在は6/25、6/28分とも配信されておりますが、
iTunes起動時に自動的にダウンロードが開始されない場合は、
お手数ですが、「podcastを更新」で
両日分をダウンロードしていただくようお願いいたします。
Posted by EE編集部 at 2010年06月29日 17:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153983318

この記事へのトラックバック