2010年05月24日

聴いて覚える!会話によくでる口語・俗語(43)



このシリーズでは、ノンネイティブには難しい、だけど会話に欠かせない口語・俗語表現をご紹介。リアルな会話例を聴いて、実用的な表現を身につけましょう!

<総集編1>

1.「ハキハキ!」の表現
主張・交渉のシーンでよく使われる口語・俗語


have bigger fish to fry / もっと大事なことがある
Don't tell Rick and Marisa, but I had other fish to fry.
リックとマリサには言わないほしいんだけど、ほかに大事な用事があったんだ。


shelf life / 雇用価値のある期間
Yeah, but as a nobody, you've got a shelf life of at least 40 years.
そうだけど、「下っぱ」としてなら、少なくとも40年は仕事を続けられるわ。


pull one's weight / 自分の役目をきちんと果たす
Most of them hadn't been pulling their weight for several seasons.
彼らの大半が数シーズンも自分の役目を果たしてなかったからね。


be worth one's salt / 有能である
But she's just not worth her salt.
でも、彼女は全然使い物になりません。


have the stomach to do/for / 〜をあえて好む
I just don't know how you have the stomach for those bloody horror movies.
あんな血まみれのホラー映画が好きだなんて、あなたの気がしれないわ。


get down to business / 本題に入る
He got right down to business at 9 o'clock.
彼は9時になったらすぐ本題に入ったよ。


thumbs up / thumbs down / よし/だめだ
A firm thumbs down!
はっきりと、「反対」の声をあげたよ!


shoot from the hip / ズバズバものを言う
Come on, shoot from the hip!
さあ、思ったとおりに言って!


rack one's brain / 頭を絞る
I've been racking my brain all day, Linda.
1日じゅう頭を絞って、考えてみたんだけどね、リンダ。


Enough of...! / …はもうたくさん!
Enough of this homework!!!
こんな宿題、もうたくさんだ!!!


2.「ガックリ!」の表現
弱気・悲しみのシーンでよく使われる口語・俗語


draw the short straw / 運が悪い
Talk about drawing the short straw!
貧乏くじを引くとはよく言ったものよね!


get/be held up / 遅れる
Well, I got held up and missed my flight.
その、遅れて、飛行機に乗りそこなっちゃった。


be toast / おしまいだ
Listen, she'll be toast after next week's public debates, I guarantee you.
いいかい、来週の公開討論会がすめば、彼女の負けさ。保証するよ。


turn over in one's grace / 草葉の陰で泣く
Your grandfather would turn over in his grave if he could see that!
そんなもの、亡くなったおじいちゃんが見たら、あの世で嘆くぞ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック