2010年04月05日

聴いて覚える!会話によくでる口語・俗語(22)



このシリーズでは、ノンネイティブには難しい、だけど会話に欠かせない口語・俗語表現をご紹介。リアルな会話例を聴いて、実用的な表現を身につけましょう!

from scratch
→ゼロから


■会話例■
A: I heard you were undecided about accepting your transfer to Canada. I think it's a wonderful opportunity.
カナダへの転勤を引き受けるかどうか迷ってるって聞いたけど。すごいチャンスだと思うわ。

B: Yes, in some ways it is, but I'll have to build up a new overseas branch office from scratch. That, along with uprooting my family and having to study both English and French, has me worried.
うん、ある意味ではそうだけど、ゼロから新しい海外支店を開かなきゃならないんだよ。それに、住み慣れた土地から家族を引っ越しさせることや、英語とフランス語の両方を勉強しなきゃならないことも心配なんだ。

■解説■
ここでの scratch は「競争のスタートライン」のことで、from[at, on]scratch の形で「最初から、ゼロから」という意味になります。動詞には start が用いられることが多いです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック