2010年03月24日

聴いて覚える!会話によくでる口語・俗語(17)



このシリーズでは、ノンネイティブには難しい、だけど会話に欠かせない口語・俗語表現をご紹介。リアルな会話例を聴いて、実用的な表現を身につけましょう!

go under
→倒産する


■会話例■
A: Ray, have you heard about any job openings in your office in the next few months?
レイ、この数カ月のうちにあなたの事務所で何か仕事の空きが出るか聞いてない?

B: For who? You? I thought you liked your job at STI.
誰のために? 君かい? 君はSTIでの仕事が気に入ってると思ってたよ。

A: Well, I do...did, that is. The company is about to go under. Maybe in a month or two.
ええ、気に入ってるわ……正確に言えば、気に入ってたわ。でも、会社がつぶれそうなの。あと1カ月か2カ月かもしれない。

■解説■
go under は、「(船などが)波の下に沈む」ことを意味する go under the waves という表現の the waves が省略されたものです。ここから、「(会社などが)倒産する、破産する」という意味で用いられるようになりました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック