2010年03月03日

聴いて覚える!会話によくでる口語・俗語(8)



このシリーズでは、ノンネイティブには難しい、だけど会話に欠かせない口語・俗語表現をご紹介。リアルな会話例を聴いて、実用的な表現を身につけましょう!

shoot from the hip
→ズバズバものを言う


■会話例■
A: Tom, why do you think our sales are so low?
トム、わが社の売上がこんなに悪いのはなぜだと思う?

B: Well...uh...
そうですね……その……

A: Tom, forget I'm your boss and your mother-in-law! Come on, shoot from the hip!
トム、私があなたの上司で義理の母親だということを忘れて! さあ、思ったとおりに言って!

B: Okay, if that's what you want. Our product line is outdated and overpriced. Change is what we need.
わかりました、それがお望みでしたら。わが社の製品ラインは時代遅れですし、価格も高すぎます。変革こそわが社には必要なのです。

■解説■
shoot from the hip の字義は「腰のベルトにつけたままで銃を撃つ」です。そこから「衝動的な行動を取る」とか「(思いつきで)ズバズバものを言う」という意味になりました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック