2010年02月24日

聴いて覚える!会話によくでる口語・俗語(5)



このシリーズでは、ノンネイティブには難しい、だけど会話に欠かせない口語・俗語表現をご紹介。リアルな会話例を聴いて、実用的な表現を身につけましょう!

have the stomach to do/for
→〜をあえて好む


■会話例■
A: Let's watch Scream 2 again tonight while we eat dinner! I bought the video yesterday.
今夜また、『スクリーム2』を見ながら夕食しよう! 昨日、ビデオを買ったんだ。

B: No, not that again! I just don't know how you have the stomach for those bloody horror movies.
いやよ、またあれを見るなんて! あんな血まみれのホラー映画が好きだなんて、あなたの気がしれないわ。

A: Oh, come on! It's just a movie.
なあ、いいじゃないか! ただの映画だろ。

■解説■
have the stomach to do は「(好ましくないことを)あえて好む、あえてしたがる」という意味です。通常、否定形で用いられます。to do の代わりに「for+名詞」を用いることもできます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック