2009年09月21日

会話が弾む! 擬態語表現の英語変換術(46)



このシリーズでは、あなたの英語を表情豊かにする、多彩な擬態語をご紹介。“血液サラサラ”“ゲジゲジ眉毛”といった微妙な表現を英語でも伝えられるようになりましょう。

▼今日の表現▼
つんつんする/be in a snit

▼解説▼
何かにいらだっていて、とっつきにくい態度は snit(いらだち、不機嫌)を使って表現するとよいでしょう。また、髪の毛などがつんつんしている場合は、spiky(先のとがった)を使って、spiky hair(つんつん頭)などと表現できます。

▼会話例▼
Don't be in a snit just because I'm late.
遅刻したくらいでそんなにつんつんするなよ。
The movie's already started!
もう映画が始まっちゃったじゃない!
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 擬態語表現の英語変換術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック