2009年08月31日

会話が弾む! 擬態語表現の英語変換術(37)



このシリーズでは、あなたの英語を表情豊かにする、多彩な擬態語をご紹介。“血液サラサラ”“ゲジゲジ眉毛”といった微妙な表現を英語でも伝えられるようになりましょう。

▼今日の表現▼
おろおろする/be at a(complete)loss

▼解説▼
「おろおろする」とは事態に対処できず途方に暮れていることなので「途方に暮れる」という意味の be at a loss が使えます。 complete をつけて強調してもよいでしょう。

▼会話例▼
You're lucky to have such a reliable brother.
しっかりした弟さんがいていいね。
No way. When Mom was in the hospital, he was at a complete loss.
全然。母が入院したときなんか、おろおろしちゃって。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 擬態語表現の英語変換術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

30日で英語耳になる方法
Excerpt: 今日は、「30日で英語耳になる方法」についてお話したいと思います。 私もこの方法...
Weblog: 厳選電子ブック
Tracked: 2009-09-18 12:12