2009年05月04日

ハートが伝わる英会話(16)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: きちんと断る
【お気持ちだけで結構です/Thanks, but no thanks.】

▽会話▽
A: If you'd like, I can cook dinner for you.
  もしよければ、夕食を作ってあげられるけど。
B: Thanks, but no thanks.
  お気持ちだけで結構です。
A: Are you sure?
  本当に?。
B: Actually, I'm a vegetarian.
  実は、ベジタリアンなんです。


▼解説▼
「結構です」は No thanks. ですが、これだけで断ってしまうと、やや感じの悪い印象を相手に与えてしまう恐れがあります。Thanks, と、ひと言お礼の言葉を述べてから、but no thanks. と断るほうが、相手の気持ちに配慮した表現になります。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック