2009年04月17日

ハートが伝わる英会話(9)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: 不平をこぼす
【もういいかげんにして/Enough is enough.】

▽会話▽
A: Could you lend me 50 dollars?
  50ドル貸してくれない?
B: Again? You never pay me back.
  またかい? 返してくれたことないじゃないか。
A: I will this time.
  今回は返すから。
B: Enough is enough. No more loans.
  もうたくさんだ。もう貸さないからね。

▼解説▼
日本語の「いいかげんにして」「もうたくさんだ」などに近いニュアンスの表現。「十分と言ったら十分だ」ということで、困り切った様子を相手に的確に伝えることができます。
似た表現で (That's) more than enough. というものもありますが、こちらは「十分よりも多い」つまり「十二分」というニュアンスを伝えたい時に使います。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117567580

この記事へのトラックバック