2009年04月13日

ハートが伝わる英会話(7)



このシリーズでは、日本人が苦手だと言われる感情表現を学んでいきます。自分の気持ちを相手に正しく伝える英会話を習得しましょう。

テーマ: 不平をこぼす
【困ったぞ/We're in big trouble.】

▽会話▽
A: We're in big trouble.
  困ったなあ。
B: Why? What's the matter?
  どうして? 何が問題なの?
A: The car won't start.
  車が動かないんだ。
B: But we have to be at the airport in 20 minutes!
でも、あと20分で空港に行かなきゃならないのよ!


▼解説▼
We're in trouble. と big を伴わない形もよく用いられます。自分が個人的に困った状況であることを言いたいなら、I'm in trouble. になります。「困ったことになった」と独り言のようにつぶやく場合には、problem よりも、trouble を使ったほうがしっくりきます。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ハートが伝わる英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最後のもう一度がリピートされていません
また 前回の
和訳の最後の順番が会話例と合っていない
どうしたんでしょうか
Posted by natuko at 2009年04月13日 12:42
最後のリピート入っていない
また 前回の和訳の順番が合っていなかった
ミスが多いように思いますが

Posted by natsuko at 2009年04月13日 12:47
natsukoさま
ご指摘ありがとうございました。
ハートが伝わる英会話(6)はテキストの順番が、(7)は音声に抜けがありました。聞いてくださった皆様にも大変失礼致しました。以後、こうしたことのないよう気をつけますので、今後もどうぞよろしくお願いします。
Posted by EE編集部 at 2009年04月14日 12:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック