2009年01月14日

似たもの表現を使い分ける!(5)


リスニングにトライ!

だいたい同じ意味だと思っている表現でも、ニュアンスや丁寧さなどで、意外なほど大きな違いがあったりするもの。このシリーズでは、そんな似たもの表現を的確に使い分けるポイントをご紹介していきます!

【「〜したほうがいい」の似たもの表現】

↓「〜したほうがいい」の代表的な表現はこの3つ↓
should
have to
had better


このうち今日は have to のビミョ〜なニュアンスを学んでいきます!

▽会話▽
A: Let's go to a movie.
映画を見に行こうよ
B: I can't. I have to work late tonight.
無理なの。今夜は遅くまで仕事しなきゃいけないのよ

▼解説▼
have to は「社会・会社・他人に押しつけられている場合」や「社会・会社・他人の期待に応じる場合」に使われ、「したくないけれど、しなくてはならない」という意味合いが強いケースが多い。dialog 3 の例も「仕事をしたくないけど、しなくてはいけない」という意味になる。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 似たもの表現を使い分ける! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック