2008年08月25日

意外と知らない身近な英語(7)


リスニングにトライ!

身の回りにあるのに英語で何というのか分からないものって結構ありますよね。このシリーズではそんな意外な“盲点”の英語を取り上げていきます。

楽しくリスニングしながら、身近な英語をマスターしましょう!

--------
 学校
--------

通信簿:report card
イギリスでは school report という言い方をする。成績、評価はアメリカでは grade、イギリスでは mark を使う。また、アメリカでは、成績証明書のことを transcript と言う。

出席を取る:take attendance
「出席を取る」という言い方には、call the roll、mark absences、roll-call など、いろいろな言い方がある。出席簿は roll book と言う。先生が出席を取る際、生徒は名前を呼ばれたら "Here!" と答える。

A: All right, class, take your seats.
  さあ、みなさん、席に着いてください。
B: Are those our report cards, Mrs. Brown?
  ブラウン先生、それは通信簿ですか。
A: Yes, and I'll hand them out after taking attendance.
  そうです。出席を取ったら渡しますね。
B: Ummm, can I go to the restroom? I think I'm gonna be sick!
  うー、トイレに行ってもいいですか。気分が悪くなりそうなんです!
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 意外と知らない身近な英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105110007

この記事へのトラックバック