2020年07月20日

「類義語」の迷いを一気に解消!(10)


今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。

Q. 各空所に入れるのに適切な方を選びなさい。

(10)「提案」 proposal vs. suggestion

A. I’ve asked my staff for (proposals / suggestions)on what to include in the planned relaxation room.
B. Mr. Smith has a merger (proposal / suggestion)that he’d like us to consider.
A. 計画されているリラクゼーションルームに何を置いたらいいか提案するようスタッフに言ってある。
B. スミス氏には、われわれに検討してほしいという合併の提案がある。

■解答■
A. suggestions B. proposal

★解説★
友人や知人などにお薦めするレストランや子育てのコツ、転職活動のやり方といった「比較的規模の小さい事柄の提案」に対して用いられるのがsuggestion。一方、「合併の提
案」のように、「フォーマルで比較的規模の大きい事柄の提案」に用いられるのがproposalである。


posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | 「類義語」の迷いを 一 気に解消! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする