2020年07月31日

「類義語」の迷いを一気に解消!(15)


今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。

Q. 各空所に入れるのに適切な方を選びなさい。

(15)「契約」 agreement vs. contract

A. If you violate the terms of the (agreement / contract), you will be liable for damages.
B. My wife and I have (an agreement / a contract)− she won’t complain about my smoking as long as I don’t smoke in the house.
A. 契約条件に違反すると、損害賠償責任を負う義務が生じる。
B. 家の中で吸わなければ、私の喫煙に対して文句は言わないというのが妻との取り決めだ。

■解答■
A. contract B. an agreement

★解説★
「違反した場合は損害賠償責任を負う」のように、明らかに公式文書によって交わされたとわかる契約にはcontractがふさわしい。We are going to enter into an agreementwith that company.(わが社はあの会社と契約を結ぶ)のように、agreementも公的な取り決めについて使うことができるが、夫婦間の約束などの「法的拘束力がない個人の契約」を表すときに自然なのはagreementである。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | 「類義語」の迷いを 一 気に解消! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

「類義語」の迷いを一気に解消!(12)


今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。

Q. 各空所に入れるのに適切な方を選びなさい。

(12)「返答」 answer vs. reply

A. I called out to her repeatedly, but there was no (answer / reply).
B. For some reason, I haven’t got any (answer / reply) from her yet.
A. 何度も彼女を呼んだが、返事がなかった。
B. なぜかいまだに彼女から返信がありません。

■解答■
A. answer B. reply

★解説★
質問や問題に対する「解答」以外に、電話やインターホ
ン、呼びかけなどへのとっさの答え
にも使えるのがanswer。
これに対して、replyは「きちんと考えて出す返答」というイメ
ージ。メールや手紙、相手からのフォーマルな問いかけなど
への「返事」
に対して使われる。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | 「類義語」の迷いを 一 気に解消! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

「類義語」の迷いを一気に解消!(11)


今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。

Q. 各空所に入れるのに適切な方を選びなさい。

(11)「問題」 issue vs. problem

A. The mayor held a town hall meeting concerning the(issue / problem)of building a newsports stadium in the city.
B. Call me if you have any (issues / problems)finding our office.
A. 市長は市の新しい競技場の建設問題について、市民との対話集会を開いた。
B. 事務所までの道に迷ったら電話してください。

■解答■
A. issue B. problems

★解説★
issueには、さまざまな考え方がある「取り組まなくてはならない課題」「議論されるべき問題」というニュアンスがある。これに対してBは、「事務所に到着する」という目標があり、「問題」とは「それを妨げる何か」である。このように、「解決されなければならない(厄介な)問題」についてはproblemを使うのが適切。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | 「類義語」の迷いを 一 気に解消! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

「類義語」の迷いを一気に解消!(10)


今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。

Q. 各空所に入れるのに適切な方を選びなさい。

(10)「提案」 proposal vs. suggestion

A. I’ve asked my staff for (proposals / suggestions)on what to include in the planned relaxation room.
B. Mr. Smith has a merger (proposal / suggestion)that he’d like us to consider.
A. 計画されているリラクゼーションルームに何を置いたらいいか提案するようスタッフに言ってある。
B. スミス氏には、われわれに検討してほしいという合併の提案がある。

■解答■
A. suggestions B. proposal

★解説★
友人や知人などにお薦めするレストランや子育てのコツ、転職活動のやり方といった「比較的規模の小さい事柄の提案」に対して用いられるのがsuggestion。一方、「合併の提
案」のように、「フォーマルで比較的規模の大きい事柄の提案」に用いられるのがproposalである。


posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | 「類義語」の迷いを 一 気に解消! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月15日

「類義語」の迷いを一気に解消!(8)


今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。

Q. 各空所に入れるのに適切な方を選びなさい。

(8)「理解する」 comprehend vs. understand

A. It’s difficult to (comprehend / understand)why people do evil things.
B. I don’t( comprehend / understand) the meaning of this word.
A. なぜ人は悪事を働くのかを理解するのは難しい。
B. この単語の意味がわかりません。

■解答■
A. comprehend B. understand

★解説★
understandの「理解」はたいてい限定的かつ具体的であり、「この単語の意味を理解する」はunderstand the meaning of this wordと表現するのが自然。comprehendにもこの用法はあるが、単に書いてある内容や人から聞いたことを理解するのではなく、「なぜ人は悪事を働くのか」のように、多面的な概念や知識を集結させて初めて「理解」できるような内容にはcomprehendが使われる。
posted by 朝日出版社 at 00:00| Comment(0) | 「類義語」の迷いを 一 気に解消! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

「類義語」の迷いを一気に解消!(7)


今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになっている。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュアンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。


Q. 各空所に入れるのに適切な方を選びなさい。

(7)「禁止する」 forbid vs. prohibit

A. My mother ( forbade / prohibited ) me from seeing him again.
B. Unauthorized downloading of copyrighted material is (forbidden / prohibited).
A. 母は私が彼とまた会うことを禁止した。
B. 著作権のある資料を不正ダウンロードすることは禁止されています。

■解答■
A. forbade B. prohibited

★解説★
forbadeはforbidの過去形。forbidには「個人間で取り決めた規則にのっとって行為などを禁止する」というイメージがあるため、家庭のルールの場合はforbid が最も適切。prohibitには「法律など公的に何かを禁止する」意味合いがあるので、順守しなかった場合には刑罰が伴うことも多い。
posted by 朝日出版社 at 00:00| Comment(0) | 「類義語」の迷いを 一 気に解消! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

「類義語」の迷いを一気に解消!(6)


今回のシリーズでは、各例文にふさわしい類義語を二択から選ぶようになってい
る。どちらの語を使うのが適切か、その理由も考えながら挑戦してみよう。ニュ
アンスの違いがわかれば、類義語を使い分ける際の迷いは解消されるはずだ。


Q. 各空所に入れるのに適切な方を選びなさい。

(6)「遅らせる」 delay vs. postpone

A. The game was ( delayed / postponed) until tomorrow due to rain.
B. The game was (delayed / postponed) for about 45 minutes due to rain.
A. 雨で試合が明日に延期になった。
B. 雨で試合の開始が45分ほど遅れた。

■解答■
A. postponed B. delayed

★解説★
「遅れた原因」は同じでも、「どう遅れたか」に違いがある。Aの「試合が延期された」のように、日程が再設定されたというニュアンスがあるのがpostpone。Bのように、「(雨がやむのを待っていたら)ずるずると延びて遅れた」という場合はdelay が使われる。「交通機関の遅延」もこれに当たるため、The train is delayed.(電車が遅れています)のように言える。
posted by 朝日出版社 at 09:00| Comment(0) | 「類義語」の迷いを 一 気に解消! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする