2020年01月29日

ネイティブが誤解する! 言ってはいけないNG英語(32)


このシリーズでは、日本人が間違って使いがちな、「NG表現」を紹介します。

● 総集編5 ●
「メールする」

NG会話

A: Can you give me Jamie’s address?
B: I’ll e-mail it to you.
A: But there’s no computer around here, and I
kind of need to know it now.
A:「ジェイミーの住所を教えてくれない?」
B:「メールするね」
A:「でも、ここにはパソコンがないよ。それに、ちょっと至急知りたいんだけど……」

OK会話

A: Can you give me Jamie’s address?
B: I’ll text it to you right away.
A: Great. Thanks!
A:「ジェイミーの住所を教えてくれない?」
B:「すぐに携帯にメールするね」
A:「助かるよ。ありがとう!」


「(電話番号を)教えてください」

NG会話

A: Why don’t you call me later?
B: OK. You’d better teach me your phone number.
A: Teach you? Do you not know how to dial a number on a phone?
A:「後で電話してくれない?」
B:「わかった。電話番号を指導してもらえる?」
A:「指導するって? まさか、電話のかけ方がわからない、なんてことないでしょ?」

OK会話

A: Why don’t you call me later?
B: OK. You’d better tell me your phone number.
A: Sure. It’s 555-6815. Call me anytime.
A:「後で電話してくれない?」
B:「わかった。電話番号を教えてもらえる?」
A:「ええ。555-6815よ。いつでもどうぞ」