2018年09月10日

リスニングの弱点を解消! 数の英語を極める(4)


このシリーズでは、いままで気になってはいたけど曖昧なままにしてきてしまった「数の英語表現にまつわる疑問」を一気に解決していきます!これを機に、「数の英語に対する苦手意識」を、あなたの「強み」に変えましょう!

〈時間・期間の表現〉

◆Q4◆
「20分後にまた集合」って、“ after 20 minutes” ?
それとも“ in 20 minutes”?

正解: in 20 minutes

◆解説◆
例えば、Let's meet back here in 20 minutes.(20分後にまたここに集まりましょう)のように言います。in 今を起点にして「〜後に」という一時点を表す表現です。一方、after は視点が異なり、出来事などの「順序」が重要になります。例えば、After a month,I came back to Tokyo.(1カ月後に帰京した)なら、「1カ月という期間を経た後で」のように、「ある事の後に、別の事が起こる」イメージです。以下の例文では、「今から2週間後」という「現在を起点にした未来の一時点」なの
で、in が使われています。

◆例文◆
A: When are we going to launch our new
advertising campaign?
B: In two weeks.
A: 新しい広告キャンペーンはいつから始めるんですか?
B: 2週間後です。