2018年08月10日

話上手はここが違う! 会話が弾む「雑談力」(27)



このシリーズでは、話の振り方や、相手に話をさせて会話を続ける秘訣など、英語による雑談を続かせ、盛り上げるための具体的な秘訣25を、会話例とともに紹介します。

● 総集編2 会話を盛り上げるリアクション(1)●

相手に寄り添って共感する
◆例文◆
A: My computer keeps freezing. It's driving me nuts!
B: That's terrible.
A: They seem to freeze a lot these days.
B: Yeah. I know what you mean.
A: パソコンがフリーズしてばっかりで、頭がおかしくなりそう!
B: それはひどいですね。
A: 最近のパソコンって、フリーズしやすくなったようですね。
B: ええ、よくわかりますよ。

相手を乗せる「促し言葉」を活用する
◆例文◆
A: Yesterday, I ran into an old school friend I hadn't seen for 15 years.
B: Really? And then? How'd it go?
A: Great. We went for a coffee and caught up.
B: Cool. So, just a coffee?
A: Yeah, but we promised to get together again soon.
A: 昨日、昔の学校時代の友達に15年ぶりにばったり会ってね。
B: 本当に?それで?どんな感じでした?
A: よかったですよ。お茶をしに行って、積もる話をしました。
B: いいですね。それで、お茶だけですか。
A: ええ、でも近いうちにまた会う約束をしました。

思い切って“Really?”や“I see.”を捨てる
◆例文◆
A: I recently joined a gym class.
B: Oh, you did? What kind?
A: Yoga. Apart from me, it's all women.
B: Oh, yeah. I can imagine.
A: 最近、フィットネスクラブのコースに通い始めたんです。
B: へえ、そうなんですか。どんなコースですか。
A: ヨガですよ。でも、自分以外は女性ばかりで。
B: ああ、そうでしょうね。

感想を具体的に伝える
◆例文◆
A: When I went to Aomori, I couldn't under-stand the way people spoke.
B: Ha-ha. That's not surprising. Even I don't understand much of that dialect.
A: But the Nebuta festival was awesome.
B: Oh, wow-I'd like to see that at least once.
A: 青森に行ったとき、人々の話している言葉が理解できませんでしたよ。
B: はは。当然ですよ。私でも、青森弁はわからないことが多いんですから。
A: でも、ねぶた祭りは素晴らしかったですよ。
B: へえ、いいですね。私も一度は見てみたいですね。

来週一週間、このブログはお休みです。次回の配信は8/20(月)です。お楽しみに!